スポンサードリンク

がん治療に使用される漢方薬カテゴリの記事一覧

がん治療の漢方薬「天仙液」

抗がん漢方薬「天仙液」は長年の研究から完成したがん治療に用いられている漢方薬です。
中国政府から抗がん治療薬として認可されていることを始め、がん治療先進国アメリカでもFDA(アメリカ食品医薬品局)から認可を受け、さらにオーストラリア、香港、タイ、台湾では医薬品として認可を得るている等、世界各国でその有効性が認められています。
現在では、世界20ヵ国、延べ60万人の人たちが「抗がん漢方薬」として使用するほど世界的に有名な「抗がん漢方薬」になっています。
残念なことに日本では天仙液は医薬品として認可されていません。

抗がん漢方薬「天仙液」には厳選された30種類の生薬成分が配合、処方されており、その相乗効果で抗腫瘍作用(「腫瘍の縮小」「がん細胞増殖の停止」「がん細胞の発生を抑止・抑制」等)や身体機能改善作用、免疫増強作用があるとされていて、がん細胞を攻撃して癌細胞に負けない体に体質改善されるということです。

抗がん漢方薬「天仙液」について詳しい情報を知りたい方は、下のサイトから無料資料請求できます。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。