スポンサードリンク

川キュウを配合する漢方薬の注意

川キュウは、胃腸が弱い方が服用すると、軟便、下痢、胃部不快感、食欲不振などの胃腸障害を起こすことがあります。

■川キュウを配合する漢方薬

・葛根湯加川キュウ辛夷
鼻づまり、蓄膿症、鼻炎に葛根湯加川キュウ辛夷
・十全大補湯
・疎血活血湯
・当帰芍薬散
冷え症、更年期障害に当帰芍薬散
・防風通聖散
肥満、むくみ、便秘に防風通聖散

地黄を配合する漢方薬の注意

地黄は、胃腸が弱い方が服用すると、軟便、下痢、胃部不快感、食欲不振などの胃腸障害を起こすことがあります。

■地黄を含有する漢方薬

・十全大補湯
・疎血活血湯
・八味地黄丸
腰痛、排尿困難、頻尿など下半身の症状に八味地黄丸
・六味丸



桂皮を配合する漢方薬の注意

桂皮を服用すると、人によってはかゆみや発疹が現れることがあります。

■桂皮を含有する漢方薬

・安中散
食べすぎ、胃腸虚弱に安中散
・葛根湯
ぞくぞく寒気がするかぜの初期症状に葛根湯
・葛根湯加川キュウ辛夷
鼻づまり、蓄膿症、鼻炎に葛根湯加川キュウ辛夷
・桂枝湯
・桂枝加苓朮附湯
・桂枝茯苓丸
・五苓散
・十全大補湯
・小建中湯
・小青竜湯
くしゃみ、鼻水、鼻炎に小青竜湯
・八味地黄丸
腰痛、排尿困難、頻尿など下半身の症状に八味地黄丸
・麻黄湯
・ヨク苡仁湯


麻黄を配合する漢方薬の注意

麻黄は、咳を止める目的の薬によく配合されているエフェドリンが主成分ですので、エフェドリンが配合されているかぜ薬、喘息薬、咳止め薬、鼻炎薬など併用すると作用が強く出過ぎることがあります。

また、発刊作用があり、不眠、発汗過多、動悸などの症状が現れることがあります。

その他以下のような方は服用して異変があれば、直ちに服用を中止しましょう。
・心臓に障害がある方または高齢者
・胃腸虚弱な方
・血圧の高い方

■麻黄を含有する漢方薬

・葛根湯
ぞくぞく寒気がするかぜの初期症状に葛根湯
・葛根湯加川キュウ辛夷
鼻づまり、蓄膿症、鼻炎に葛根湯加川キュウ辛夷
・小青竜湯
くしゃみ、鼻水、鼻炎に小青竜湯
・防風通聖散
肥満、むくみ、便秘に防風通聖散
・麻黄湯
・麻杏甘石湯
・麻杏ヨク甘湯
神経痛、筋肉痛に麻杏ヨク甘湯
・ヨク苡仁湯

大黄を配合する漢方薬の注意

大黄は、便秘薬(下剤)に配合される生薬ですので、胃腸が弱い方であれば、下痢、腹痛、食欲不振などの胃腸障害をおこすことがありますのでご注意下さい。

■大黄を含有する漢方薬

・乙字湯
いぼ痔、きれ痔に乙字湯
・三黄瀉心湯
・大黄甘草湯
・防風通聖散
肥満、むくみ、便秘に防風通聖散


甘草を配合する漢方薬の注意

甘草は、漢方薬では重要な生薬であって、多くの漢方薬に配合されています。
ただし、長期間大量に服用すると副作用がでることがありますので、以下の方は注意が必要です。

・血圧が高い方又は高齢者
・心臓に障害がある方又は腎臓に障害がある方
・むくみのある方

■甘草を含有する漢方薬

・安中散
食べすぎ、胃腸虚弱に安中散
・乙字湯
いぼ痔、きれ痔に乙字湯
・葛根湯
ぞくぞく寒気がするかぜの初期症状に葛根湯
・葛根湯加川キュウ辛夷
鼻づまり、蓄膿症、鼻炎に葛根湯加川キュウ辛夷
・加味逍遙散
・響声破笛丸
・駆風解毒湯
・桂枝湯
・桂枝加苓朮附湯
・香蘇散
・芍薬甘草湯
・十全大補湯
・小建中湯
・小紫胡湯
かぜの後の疲労感、食欲不振に小柴胡湯
・小青竜湯
くしゃみ、鼻水、鼻炎に小青竜湯
・疎経活血湯
・大黄甘草湯
・人参湯
・麦門冬湯
・平胃散
・防已黄耆湯
・防風通聖散
肥満、むくみ、便秘に防風通聖散
・黄麻湯
・麻杏甘石湯
・麻杏ヨク甘湯
神経痛、筋肉痛に麻杏ヨク甘湯
・ヨク苡仁湯
・六君子湯

附子を配合する漢方薬の注意

附子はトリカブトの根の部分のことであり、非常に毒性の強い植物です。
漢方薬では毒性を弱めて人体に害が出ないように用いられていますが、定められた用法、容量を守りましょう。
また、若年者で体力が充実している人では、しびれなどを起こすことがありますので、そのような症状が現れた場合は、服用を中止しましょう。

■附子を含有する漢方薬

・八味地黄丸
腰痛、排尿困難、頻尿など下半身の症状に八味地黄丸

・桂枝加苓朮附湯

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。