スポンサードリンク

神経症、不眠症、認知症に抑肝散

■抑肝散(ヨクカンサン)の成分分量

紫胡(サイコ)2.0、釣藤鈎(チョウトウコウ)3.0、蒼朮(ソウジュツ)4.0、茯苓(ブクリョウ)4.0、当帰(トウキ)3.0、川キュウ(センキュウ)3.0、甘草(カンゾウ)1.5


■抑肝散の効能適応症

虚弱な体質で神経のたかぶるものの次の諸症状:神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症


■抑肝散について補足説明

抑肝散は本来赤ちゃんや小さな子供の夜泣きやひきつけなどにも散られる漢方薬ですが、大人に対しても興奮しやすい、イライラする、怒りっぽい、といった精神・神経症や不眠症にも処方されています。
最近の研究ではアルツハイマー型認知症やパーキンソン病にも有効であることがわかってきました。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。