スポンサードリンク

「気・血・水」による漢方治療診断

漢方医学では、陰陽による「証」をみることが基礎となる治療診断法ですが、さらに体内における「」の流れが順調に巡っていることが健康の条件として診断されます。

■漢方における「気」とは?

漢方における「気」とは、活力生命力のことで、現代風にいえば「オーラ」のようなものと言えるでしょう。
「気」が異常になると、不安、不眠、だるい、元気がない、疲れるなどの症状が現れます。


■漢方における「血」とは?

漢方における「血」とは、血液でありエネルギーの源のことです。
血液が汚れて流れが悪くなった状態を漢方では「お血」といい、顔全体、特に目のまわりが黒ずむ、歯ぐきが紫色になるなど更年期障害の方に多くみられます。


■漢方における「水」とは?

漢方における「水」とは、血液以外の体液、体内の組織液リンパ液のことです。
「水」が異常になると、下痢、吐きけ、むくみ、動悸、めまい、頭重、だるいなどの症状が現れます。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。