スポンサードリンク

かぜの後の疲労感、食欲不振に小柴胡湯

小柴胡湯の成分分量

柴胡(サイコ)4.0〜7.0g、半夏(ハンゲ)4.0〜5.0g、生姜(ショウキョウ)4.0g、黄ごん(オウゴン)3.0g、大棗(タイソウ)2.0〜3.0g、人参(ニンジン)2.0〜3.0g、甘草(カンゾウ)2.0g


■小柴胡湯の効能適応症

かぜの後の疲労感、食欲不振、はきけ、胃炎、胃腸虚弱


■小柴胡湯について補足説明

かぜの症状がぐずついて、いつまでもスッキリしない場合に体力をつけながら治す処方です。
発熱後1週間経過してもまだ、寒気がする、微熱がでる、みぞおちから脇・胸のあたりに重苦しい圧迫感がある、口の中が粘って苦い感じがあり、舌に白い苔がある、という症状に用います。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。