スポンサードリンク

ぞくぞく寒気がするかぜの初期症状に葛根湯

■葛根湯の成分分量

葛根(カッコン)8g、麻黄(マオウ)4g、大棗(タイソウ)4g、桂枝(ケイシ)3g、芍薬(シャクヤク)3g、甘草(カンゾウ)2g、乾生姜(乾ショウキョウ)1g


■葛根湯の効能適応症

かぜの初期症状、鼻かぜ、かぜによる頭痛、肩こり、筋肉痛


■葛根湯について補足説明

葛根湯は、桂枝湯という漢方薬に葛根(カッコン)と麻黄(マオウ)を加えた処方です。
葛根(カッコン)や芍薬(シャクヤク)が体を温めて血行を良くし、筋肉の緊張をほぐす作用があり、麻黄(マオウ)と桂枝(ケイシ)には発汗作用や利尿作用があります。

ですから、頭が重く、背中から首筋にかけてこわばり、ぞくぞくと寒気がする、じっとりとした汗はなく、肌はさらっとしている、という症状に用いられます。
また、体が温まることで血行がよくなるので、筋肉の過度の緊張を緩和して、肩こり筋肉の痛みを和らげます。
錠剤や顆粒剤の場合は、お湯に溶かして服用すると、一層体が温まり効果的です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。